【悲報】全てのFPSでオートエイムを可能にする検出困難なチートツールが開発されてしまう。なんと家庭用ゲーム機にも対応(バトルフィールドまとめ)

NO IMAGE

あわせて読みたい

【悲報】全てのFPSでオートエイムを可能にする検出困難なチートツールが開発されてしまう。なんと家庭用ゲーム機にも対応

1: ID:qOnCV0Kca
オンラインゲームにおけるチート行為はゲームバランスを崩壊させてユーザー離れを引き起こす原因となることから、ゲーム開発企業はチート行為を行ったユーザーにゲームプレイ禁止措置を施したり、チート行為をAIを用いて検出したりと、さまざまなチート対策を行っています。
そんな中、あらゆるFPSゲームでオートエイムを可能にし、PCだけでなくPlayStationやXboxなどの家庭用ゲーム機にも対応したチートツールが開発されました。

このチートツールが話題を呼んでいるのは、原理上検出が困難だと考えられるため。
テクノロジー関連メディアのArs Technicaによると、今回開発されたチートツールはPCや家庭用ゲーム機で動作しているゲームの映像をキャプチャーボードを介して別マシンに転送し、転送された映像をAIを用いて解析してキャラクターの位置を認識して、照準を合わせるために必要なマウス&キーボードの操作を割り出した上で「Cronus Zen」や「Titan Two」などの各種コンバーターを介してキャラクターを操作しているとのこと。
Ars Technicaは「この手法に用いられている個々の技術は、悪用を目的としたものではありません。しかし、それぞれを組み合わせることで、ゲームソフトに変更を加えたり特定のハードウェアに依存する必要のないチートツールが開発されました。これは、まるで3Dプリンターで銃を作成するようなことです」と述べています。

今回開発されたチートツールの開発者は、Ars Technicaに対して「私たちのチートツールは、ゲームファイルに変更を加えることはありません」と述べ、チートツールの検出が困難であることをアピールしています。
これに対して、人気FPSゲーム「VALORANT」のチート対策チームを率いるフィリップ・コスキナス氏はプロゲーマーがマウスの動きを修正するツールを用いていたことを検出した事例を例に挙げて、ソフトウェアによる自動検知と人間によるチェックを併用することで多くのチートを検出できると反論しています。

https://gigazine.net/news/20210712-cheat-auto-aim-any-game/


続きを読む

続きを見る(外部サイト)

バトルフィールドまとめカテゴリの最新記事